子どもや女性にやさしい無添加おやつ “ デーツ ”

 

デーツ(=ナツメヤシの実)は、世界中に1,000にも及ぶ品種が存在し、日本には10数種類ほど輸入されています。

弊店では、在庫状況によって変わりますが、デーツを4~8種類ほど扱っています。(品種名ではなく、独自のネーミングで販売)
サイズは主に3サイズ(90g、225g、750g)展開しており、大きいサイズになるほどお得な価格設定になっています。
デーツは基本的に甘い食べ物です。産地や種類、加工方法などによって甘みの強さや食感が異なりますので、食べ比べしてみてはいかがでしょうか。

 

パルミラのデーツの特徴

ポイント1:手作業でデーツの種を取り、内側まで確認し、不良品は取り除いています。(注1)

ポイント2:口当たりが良くなるように、傷跡や固くなった部分を削り取っています。(注2)

ポイント3:出来る限り無農薬やオーガニックで自然に近いデーツを取り扱っています。(注3)

 

健康おやつとして、そのまま食べていただくのはもちろん、お菓子作りや白砂糖の替わりの甘み付けとして煮物などのお料理にもご使用ください。
アフリカ・中東地域に興味のある方、甘いものが好きな方、餡子が好きな方、珍しいものが好きな方などへのプレゼントにも最適です。
是非一度ご賞味ください。

 

デーツ(ナツメヤシの実)は、オンラインショップにてお買い求めいただけます。

 

 

(注1)
日本で販売されているデーツの多くが国内で袋に詰め替えただけ、または、パッケージが密封されていない簡素な外国製のままで流通されています。そして、種がついたまま未加工で販売する傾向にあり、一般のお客様は、不可食部(種やヘタなど)や不良品も一緒に購入していることになります。といいますのも、デーツの不良品は内部に問題があり、外観からは判断がつかない場合がほとんどだからです。デーツにナイフで切れ目を入れてみると判りますが、内部が虫に侵されていたり、カビが生えていたりと、口に入れてからですと不快な思いをすることになります。ですので、種付きデーツをそのまま口にするのはお勧めできません。割って中を確認してから食べるのが良いかと思います。また、種が抜かれたデーツでも機械で種を抜いているものは、抜き損ねで種が残っていたり、種が抜けているだけで悪くなったデーツが取り除かれてはいません。開業前の調査で、その当時様々なお店で販売されているデーツを片っ端から購入しましが、ほぼ全てのお店の取り扱われているデーツに不良品が入っていることが確認できました。
販売店によっては、「明らかに不良なものが混じっていた場合廃棄してください。」や「変な味がしたら捨ててください。」との注意書きがありますので、事前に注意事項を確認してからご購入されるのが良いかと思います。デーツは自然のモノ、農産物ですので、そういったコトを理解した上で購入すると、後で嫌な思いをすることはなくなるかと思います。
弊店の場合、種やヘタ、悪くなったものを取り除いてから、可食部を袋詰めして販売しておりますので、気にすることなく、そのままデーツを口にすることができます。プレゼントなどの場合に最適です。
出来る限り価格を低く抑える努力はしておりますが、加工・選別などの作業コストがどうしても掛かってしまいますので、商品価格が少し高めになってしまいます。
2009年の開業以来基本的に加工済みデーツを販売しておりますが、選択の幅を増やしお客様のニーズに柔軟に対応するため、今後、未加工の価格を抑えたデーツの取り扱いも検討しています。

(注2)
茄子の表面に見られる傷跡と同じで、一部のデーツにも傷跡がございます。人間でいうカサブタのようなものです。デーツが木に実っている時、風に揺られる等して、擦れて傷になりますが、自然治癒力が働いて修復され、傷跡として残ります。(自己防衛に基づいた反応が起こり、ポリフェノールの生成作用が活性化され、実に含まれる抗酸化のポリフェノールが他のものより増えるという嬉しい説があります。)食べても問題はありませんが、見た目が良くありませんし、若干、口に残りますので、非常に手間がかかりますが、丁寧に削り取っています。

(注3)
弊店は、オーガニックの取り扱い認定業者ではありませんので、仕入れ品が有機栽培されたものであっても、弊店で袋に詰め替えた時点で商品にオーガニック表記はできなくなります。